千葉の通夜・葬儀に行けない時

OFF

千葉で通夜があると聞いても、東京に住んでいるような場合は、直ぐに駆けつけられない事もあります。

こういう時はどうしたらいいでしょうか?

・通夜に行けない時

連絡をもらったにも関わらず、やむを得ない事情で千葉まで通夜に行けない場合は、欠席する事を連絡します。

ただしこの場合事情により正直に言わないほうが良い場合もあるので、やむを得ずと簡潔にしておきます。

通夜には行けないが葬儀には参列できるというなら、葬儀に参列すれば失礼にはなりません。

もしも通夜も葬儀も行けない場合は、必ずその事を先方に伝えます。

・やっておくべき事

例えば結婚式の招待状であれば、欠席に丸をして返信しますが、通夜や葬儀の場合はそうはいきません。

この場合、参列できない事を伝えた上で、後から弔電を打てば大丈夫です。

参列できない場合は、香典を後から現金書留で送ることもできますし、葬儀会場に供物や供花を贈る事もできます。

ただしこの場合は葬儀会場なのか、自宅なのか、送り先の住所はきちんと確認しておきます。

◆参考リンク–>【URL:http://emoipsum.com/

・まとめ

通夜も葬儀も事前に予定して行いませんから、突然知らせが来ます。

参列したい、お悔やみを直接伝えたいという気持ちがあってもそれが難しい事は多々あります。

やむを得ない場合は、とりあえず供物や供花、弔電を打ち、後日自宅の方に挨拶に行くという事もできます。

参列できず花を贈る場合は、宗教により使う花が異なりますのでこれも確認しておくと安心です。

花のチョイスは花屋に任せてもいいでしょう。